苦言・提言

第45回沖縄県合唱連盟合唱祭 

娘(小6)が参加すると言うことで、親バカ参加。 

以前にも似たような経験したんだけど、今回はヒドイ・・ 

まず、プログラムそのものが事前に配布されない。何時に始まって、何時頃の出演なのか。正直、合唱そのものにはあまり興味はないので、自分の娘の演奏(今回はピアノ伴奏参加)が聴ければそれでいいんだよネ(汗)。だから時間は重要!! 
#これはうちの学校担当者の問題カナ? 

で、会場。那覇市民会館って駐車場ないんだよね。公共交通機関を利用って・・・ゆいれーるも近く通ってないし、バスも不便。そんな状況で「現地集合」。どーするべき!送迎が必要な小学生を参加させるんなら、会場を考えて欲しいものダ。 
#これは学校と運営側 

そんでもって、さらに入場料は800円/人。まぁ、そら仕方ないからいいんだけどさ・・(汗)自分の子供が学校単位で参加するんだから、もう少し考えて欲しいもんだ。父・母・兄弟・祖父母まで来たら4,000円だよ。家族割引とか、団体券とかね。さらに、入場料取るのなら「金賞」「銀賞」くらいの、コンクール形式にして欲しいもの。今回は舞台で歌って帰るだけ(約5分程度)。小学生は自分の出番が終われば現地解散。それでいいのか・・・(呆) 
#これは運営側ね。 

自分の娘の出番前の何組かを聴いたけど、小中学生って「日々精進した結果」と言う感じではなく「この舞台に間に合わせた」と言う感じ。実はうちの学校もソノ口で、日頃は金管やっていて、合唱祭にあわせて練習をしていると言うもの。確かに「舞台に立つ」ことで「喜びを知る」と言うことも分からんではないが・・裾野を広げるためには、現場での積み重ねを始めないといかんのではないかな???で、運営についても周囲(小学生レベルでは保護者)の理解を得られるようにしないと、これじゃーーーついてこれないよね。「次回からは出ないでね」となっちゃいますよーーー。 

はぁーーー、すっきりした。頑張った関係者の方ごめんねーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です