【読書】「鍵のかかった部屋」貴志祐介

「鍵のかかった部屋(貴志祐介)」読了!

同名ドラマの原作シリーズ第三弾です。前作と同じく四編構成でサクサクいけます。やはり同じく現実離れしたマニアックなトリックなので「ふーん」感満載です。

ただ、前作からの軽めのタッチは、さらに進化?し、二人の主人公(弁護士と怪しい防犯コンサルタント)どうしの掛け合いは、まるでコメディになっています。

ちなみに、ドラマの配役は原作のイメージ通りな感じですので、気になる方にはお薦めです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です