怒りの水道工事

我が家(沖縄)は築40年。それなりにイタミも酷い。「改築せんといかんよねぇ~」と言う話もあるが、とりあえずは部分改修でどうにか快適(?)に暮らしている。

今回は屋上のタンクから水が漏っているとのこと。夏の台風シーズンに水道管に穴が開き、一部工事したばかりだったのに。。。

考えても仕方ないので、帰省した折に夏に工事を依頼した業者に頼んで下見してもらった。やはりタンクの取替えとな・・・。「仕方ないわよね」と見積もりをもらい工事を依頼して、福岡に戻った。

昨日、タンク取替え工事。工事は予定より時間が掛かったが無事(?)完了したとのこと。でも、1階部分で水が出ないとのこと。何!?いろんな理由があったようだか、とりあえずは一晩様子を見ることになった。二階部分は(水が)出るからいいけど、1階は断水状態。

本日、相変わらずの断水状態。早速業者に連絡を取ると、水道管を見て「老朽化が原因です」とな・・・(驚)。それを聞いて頭に来て直接連絡すると、やはり同様なことを言う。これにはさすがにキレタ!

私:「工事前には出てた水が(工事が)終わったら出ないと言うのは工事が原因でしょ!?」

業:「いえ、水道管が古いからです」

私:「いやいや、終わった後に出てたなら判らんこともないけど、まったく出てないというのは工事そのものが完了してないんでしょ!?」

業:「今回の施工範囲は全て完了しています」

私:「水が出てないと言うのは終わったとはいわない!」

と、ラチが空かない。挙句に

業:「無償でタンクを引き上げます」

私:「(1階の)水が出るならそれで良い」

業:「それは無理。水道管全部替えないといけないから」

と逆切れ状態

私:「とにかく現状を文書で証拠に残し、消費者センターなり何なりで解決しましょう」

と言った途端

業:「最後の手段があります。○○を××して△△にするいんです」

意味わからん・・・。とにかく直るんなら直してくれ

業:「料金は要りません」

当たり前だろ!でも念のために

私:「文書作るから社長印ついてください」

業:「わかりました。今回の工事で直らなかったら気が済むようにしてください」

と言うわけで明日再工事とな・・・。

一言の「ごめんなさい」も無いし、工事の正当性ばかりを主張する。さらには

業:「今回の件は事前に話ました」

とな・・・(怒)。

私:「(あんたが)説明したのは、前回の工事との関係の話であって、今回の件とは全く関係ないでしょ!第一、工事の後に水が出なくなるなんて聞いてないヨ」

と反論。相手は(電話の先で)黙ったまま。これで余計に(私の)怒り爆発!その後5分程、怒鳴りまくってしまった。その後はさすがに多少落ち着いて「言い過ぎたか・・・」と反省してたら

業:「お怒りは落ち着きましたか?」

その一言が再度怒りに火を・・・・さらに5分。疲れました、胃が痛いです。きちんと工事してくれることを祈るばかりです。

この業者には二度と頼まん!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です