「親バカ」リターンズ~選手権大会予選~

昨年、中学を卒業し無事高校生になった息子っち。もちろんサッカーを続けているが、1年生の出番は少なく、福岡から戻っての応援機会もないままに1年が過ぎてしまった。

夏の高校総体の予選も終わり、全国出場が叶わなかった3年生が引退してからは2年生が主役!息子っちが(なぜか)キャプテンとしてチームを率いて臨んだ公式戦の初戦が今回の選手権大会。当日(9/20)は、少し、ちょっと、かなり無理をして出張を作ったのでありました(汗)

相手は過去の練習試合で(珍しく)連勝してる○△高校。また、先週の直前の強豪高校相手の練習試合でボロ負けながらも手応えを感じたこともあり、何となく「楽勝」ムードが漂っている。それで良いのかぁ~(怒)

さすがに高校の大会だと父母の応援も控えめで、声も少なく数もそこそこ・・。小中学校の頃のように「一団となって」とはならない。日陰を求めらながら、数人が雑談をしながらの応援ならぬ観戦。

試合は前半から五分の戦い。しかし、さすがにチームの初公式戦とあって全体の動きが固く、ボールが足につかず、ミスの連発。そうこうしているうちに2点を取られ、いやーなムードが・・・・。

そんな中、コーナーキックからのこぼれ玉を決めて1点!やったー、公式戦初得点じゃー!誰だぁ~?ん!?息子っちがガッツポーズして走っている。なぬ~(喜)。どうやって決めたかはゴール前のもつれで良く判らんが、とにかく息子っちが決めたことはすごく嬉しい。他の親に見つからないよう、小さくガッツポーズ!

この1点で元気を取り戻し、固さも取れたチームは攻撃に転じるが、なかなかゴールは固く、1-2のまま前半終了。しかし、ハーフタイム後には早々に1点を取られ再び2点差。ダメだこりゃ!と思った時に、ハーフウエイ辺りの息子っちが大きく蹴りだしたボールが見事ゴォーーール!またしても隠れて小さくガッツポーズ!

(一応ミドルシュートだったらしい。一応カッコよかったけど・・・)

その後は決定的なチャンスを作るも、なかなか決まらず2-3のまま時間だけが過ぎて行く。おい、急げ!走れよ、こら!と心で叫びながら迫り来る時間が気になる。そろそろ時間だ・・・また負けた!と誰もが思ったその時・・・ゴール前に走りこんだ息子っちにボールが渡り、ディフェンダーを振り切りキーパーと1対1。ほんと、この瞬間ってスローモーションで見えたんです。キーパーをフェイントでかわし、ボールがゴールに向って転がって行く。耳に残っているのは「ヤッター、ヤッター」と叫ぶ息子っちの声。さすがに飛び上がって喜びました。息子っちのゴールじゃなくて、チームの勝利にです(汗)

その後、PKはサドンデスの7-6で辛勝!見事公式戦初戦を勝利で飾ったのでありました。

試合後の挨拶が終わったあと、珍しく息子っちが近づいてきて握手を求める。これには涙腺刺激されました。「おめでとう」と言うのがやっとで、軽く頭を叩いて車に逃げ込んだのありました。息子っちは、勝利の歓喜に包まれるベンチの前で独り座り込み、喜びの涙を流していました。これを見て親バカも一緒に車中で涙したのでありました。

いや~、2年ぶり、中体連で最後に勝った試合からですので、長かったなぁ~。でも勝負の世界なので「勝利」に勝る喜びはないですね(喜)

そうそう、1点目のシュートはこぼれ玉じゃなくて、セットプレーだったそうです。ボレーであわせたんだとか・・・まぁ、我々応援団としてはどうでもいいですよね、勝ったんだから(笑)

次は10月。試合にあわせて出張をつくり、応援(観戦)を企てる親バカなのでありました。

(つづく)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です