【読書】「歪笑小説」東野圭吾

「歪笑小説(東野圭吾)」読了!

短編なうえ、村上龍が二作品続いてたので、一層軽くサクサク読めました。おそらく一部は自身をモデルにしたかな?と思われる、作家と出版社を描いた作品です。
「作家も編集者も大変なんだなぁ」と素直に笑いながら読める一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です