【読書】「銀翼のイカロス」池井戸潤

半沢直樹最新作「銀翼のイカロス(池井戸潤)」読了!

シリーズ4作目で、テンポ良くサクサクと読み進めることができました。ただ、登場人物のキャラクターがハッキリしている分、ドラマや小説に触れた事のない方にはちょっと分かりづらい展開かもしれません。

写真の説明はありません。

作品全体としては、ドラマ脚本のような仕上がりで、それぞれのシーンの映像が目に浮かびます。もちろん、キャストもそのままで(汗)。

さて、一旦現代に戻りましたので、これからいよいよ鬼平の世界へ入って行くとしましょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です