【読書】「マスカレード・ホテル」東野圭吾

久しぶりの東野圭吾、「マスカレード・ホテル」再読了!

2013年に読んだはずだけど記録が残ってない!まぁ、本棚にあったし、部分的には記憶しているので間違いなく一度読んでいますね(汗)

さすが。。。と唸ってしまう、見事な展開です。サクサクとページを捲ってしまい、気がつけば1日で読み終えてしまいました。爽やかで、スッキリとした読み応え感です。ただ、浅田次郎をシリーズで読んだ後なんで、(人間ドラマとして)多少の物足りなさを感じてしまうのは、仕方ないかもしれないですが、東野圭吾らしい素晴らしい作品だと思います。

今回、この作品を手にしたのは、昨日「マスカレード・イブ」をポチったからなのでして。。。そう、続篇というか、シリーズなので予習せんと。。。です。

さて、しっかりと予習できたので、宅配便の到着を楽しみに待つとします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です