【読書】「催眠  完全版」松岡圭祐

松岡圭祐のデビュー作「催眠」を完全版で読了!

先に読了した「沈まぬ太陽」はさすがに重たかったので、軽〜く読めそうな作品を探しに行ったブック◯フで見つけた一冊です。松岡圭祐作品は「万能鑑定士Qの事件簿」で出会っていたので、内容を確認する事もなくゲットしたのでありました。

で、感想は。。。「面白い!」です。臨床心理士が主人公なので、専門的な内容が含まれてはいますが、サクサクとしたテンポで読み進めました。また、幾つかの伏線となった出来事が、ラストに向かって結びつき、(多少苦しい部分はありますが。。。)「おっと、そうきたかぁ!」と驚かされる展開は、さすが松岡ワールドです。

「千里眼」シリーズも面白そうですし、他にも気になる作品がありますので、またブック◯フに通ってみようと思う、おぢさんなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です