【読書】「プリンセス・トヨトミ」万城目学

「プリンセス・トヨトミ」読了!

いつものブック◯フで、「分厚さ」と「映画化されてたよな」の理由だけで、毎度のごとく内容を確認せずにゲット!

で、で、で。。。はっきり言って。。。全く合わなかった。

まぁ、個人的な意見ではありますが。。。著者が大阪大好きなのは良く分かるが、必然性のない登場人物のキャラ設定、伏線のない種明し、驚くほど唐突な展開。。。などなど。。。久しぶりに「無理!」

好きな方には大変申し訳ありませんが、今回ばかりは気合いと根性だけで読了しました。

まっ、こんな自分には合わない作品に出会えるのも読書の楽しみだと思い、「困ったときの東野頼み」と言うことで、次の一冊を手にしたのでありました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です