【読書】「禁断の魔術」東野圭吾

東野圭吾のガリレオシリーズ「禁断の魔術」文庫本で読了!

同名タイトル(正確には「禁断の魔術 ガリレオ8」)の単行本は、文庫本版原作を含む4作の短編が収録されているようです(読んでないので。。。汗)。ただし、文庫本版は単行本版に大きく筆を入れた「書下ろし」なので、別作品とのことらしいです。

しかし。。。さすが!です。早いテンポで面白い。特に本作は、科学分野と言うより人間としての湯川が見事に描かれた作品だと思います。なので、シリーズの特徴である科学謎解きを期待するファンには少し物足りないかも知れません。

個人的には、東野の謎解きも人間ドラマも好きなので満足です。

さてさて、次は最近のマイブーム、松岡圭祐です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です