【読書】「危険なビーナス」東野圭吾(2020-3)

今年3作品目の「危険なビーナス」読了!

いやー、しかし、コロナのせいで3月の一週目に上京して以来、沖縄から出られない生活が続き、通勤が電車から車(もちろん自分で運転)に変わったもんだから、読書時間がとれないさぁ〜。まぁ、週末とかにダラダラせずに本を読みゃいい、とも思うが、なかなかリズムを作ることができず、読みかけの「中原の虹」も2巻目で止まったまま・・・。

そんな中、東野作品がドラマ化される、ってニュースが・・・。なんだ?なんだ!どの作品なんだ!?と確認すると「危険なビーナス」と言う未読の作品。

そう言えば・・・と(読みもしないのに)買いだめた本にそんなタイトルあったよな・・・と確認すると「びんご!」。ありましたよ、はははは・・・。で、放映は来週(10月11日)からで半沢直樹の後番組とな。

やべっ!ってことで、週末(土日)のほとんどの時間を読書時間にあて、一気に読み切りました。

で、内容は・・・。まっ、ネタバレになるので控えますが、事件が起こってから関係者が登場し、そこから絞り込まれると言う流れではなく、登場人物の人物像を描きながら、そこから事件が浮かび上がり、幾つかの話題が絡み合いながら(驚きの)ラストを迎えると言うものです。「ビーナスって何よ(どーゆーことよ)!?」的なタイトルと展開になっていますが、そこはドラマで楽しんでみてください。

ちなみに(どーでもいいが)半沢直樹は、最初のドラマ放映時に全ての作品(6作品)を一気に読み終え、次作をワクワクして待ったのにいつまでもドラマ化されず「待ちくたびれて」しまったので、今回は観ていません。さすがに7年は待たせすぎですよね(汗)。

さてさて、週末にダラダラしながらも本を読めたので、読みかけを年内に読了しなくては・・・です(笑)。

本棚には未読の買いだめ本がまだ何冊か残っていることは内緒です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です